2016年3月20日日曜日

第一回関東総会のご報告

こんにちは、関東事務局企画の澤茉莉です。
花粉が激しく飛んでいて箱ティッシュが手放せない毎日です…。 長いと思われた春休みもそろそろ終盤!みなさんどのようにすごされましたでしょうか? さてさて、先日、第一回総会がひらかれました。 今回も盛りだくさんのコンテンツだったので順々に説明していきたいと思います。 ちなみに、JMUN代表の中西さんから耳寄りな情報を先行で聞かせていただくこともでき、総会の大切さを実感しました。みなさん、ぜひきてくださいね!!笑


1. 事務局紹介

第一回目の総会ということもあり、代表の野口から、まずは関東事務局の全体像の説明および昨年の良かった点と反省点について説明がありました。それを踏まえた上でたてた、今年度の関東事務局の目標①事務局と日本模擬国連の会員が双方向に影響しあう②企画の幅を広げる も共有されました。最後に関東事務局のスローガン「みんなの事務局つながる事務局~interestingをinteractiveに~」が発表されました。

2. JMUNから

大きく分けて3つ、①会員へのJMUNの広報②JMUNの変化③NMUN Japanに関してお話がありました。みなさんの会員費(実は徴収されているってご存じでしたか…?笑)からなるお金の流れに関する改革についても説明がありました。

3. 講師派遣について

講師派遣の概要について関東事務局の乗上から説明がありました。現在、関東事務局では、高校や企業などでの模擬国連普及活動の一環として講師派遣をおこなっています。会員のみなさんにも参加していただけるのでぜひお力をかしていただけたらと思います。興味を持ったかたは、研究会づてに届く事務局からのメールや、お近くの事務局員にお問い合わせください!

4. 予算案

予算案の共有および信任投票がありました。様々な質問も飛び交った結果、コンセンサスでないものの承認されましたので、今回通った予算案をもとに今年度一年の運営がなされます。よろしくお願いします!

5. 研究企画~How to make a good speech~

今回は、模擬国連の活動で欠かせない「スピーチの作り方」について、実践を交えながら学びました!参加同士、互いに実践例をみることで、スピーチを話すときにはその内容だけでなくボディランゲージや、声のトーン、スピード、そしてアイコンタクトをとることがいかに大切かがわかりました。特に、アイコンタクトをとるときにはゆっくり無限大∞のマークを描くようにして聴衆をみるとよい、というアドバイスが大変参考になりました!!


総会には貴重なお話、企画がたくさんつまっているのでぜひぜひ参加してみてください!(*^^*)


0 件のコメント:

コメントを投稿